とあるヘタレ絵描きヲタのチラ裏雑記。
秋のソウルへ行った時の話 その3
もう半年も前の話になってしまいましたが(汗、去年の9月の連休に韓国の首都ソウルへ行った時の話の最終回です。
……ハイ、ようやく簡潔です(滝汗
(ちなみに1日目はこちら
最終日の朝は、韓国の朝食の定番であるトースト(토스트)でも食べようかと思いましたが、この旅最後の朝食なので、せっかくだからそこそこガッツリ食べようと思い、南大門市場の食堂へ。
で、私がこの旅最後の朝食に選んだのは、
カルグクス
お粥やソルロンタンと並ぶ韓国旅行での朝食メニューの定番、カルグクス(麺料理)です。
鶏肉ベースのスープが朝の胃袋になんとも優しい!
麺もコシがあって美味い!
カルグクスは全然辛くないので、辛い物が苦手な人にもオススメな韓国料理です。

さて、腹ごしらえをした後は、お世話になった宿を後にしてソウル駅へ。
とは言っても、帰りの飛行機は夕方の便なので、まだ空港へ向かうのは早いのですが……
ソウル駅

都心空港ターミナル

出国審査
先に搭乗手続を済ませてしまいましょう。
ソウル駅の都心空港エアターミナルで搭乗手続を済ませてしまえば仁川空港では専用ゲートを利用でき、搭乗手続の長蛇の列に並ばなくてよいのでとっても便利です♪(ただし、利用できる航空会社は限られていますが)

てな感じで身軽になった私は、再びソウルの街へ。
で、向かった先は
念願のイエローカフェ
ずっと行ってみたかった、バナナウユのコンセプトカフェである「YELLOW CAFE」です。
だってわたし、バナナウユが大好きなんですもの (*´д`*)
バナナラテ
で、私が飲んだのはバナナラテ
意外と言っちゃ失礼ですが、バナナウユ×コーヒー……めっちゃ合います!
他にも、バナナウユ味のソフトクリームやアイスクリームシェイクもあるので、ぜひまた行って試してみたいです。
もっとも、オッサンがカフェでひとりソフトクリームを食べる光景はちょっと悲しいものがありますが(そんなことナイナイ

念願のYELLOW CAFEを堪能し満足した私は、ソウルの街との別れを惜しむべく東大門から乙支路まで歩くことにしました。
で、歩いてるうちに小腹がすいたので、途中にあったキンパッ天国へ。
野菜キンパッ
野菜キンパッ。
この旅最後の食事です。
たくあんと味噌汁付きでなんと2,500₩(日本円で250円くらい)!しかも美味い!!
ウチの職場の近く(アキバ界隈)にもぜひ欲しいなぁ、キンパッ天国。
本格的な韓国料理のお店も良いですが、こういう粉食チェーン店も良いものです^^

と、こんな感じで秋のソウルを満喫したワタクシでしたが(というか食べてばっかりじゃん)、
私の韓旅はまだだ、まだ終わらんよ!
というわけで、5月にまた渡韓する予定のワタクシなのでした^^

おしまい。
スポンサーサイト
秋のソウルへ行った時の話 その2
前回更新からだいぶ間が空いてしまいましたが(汗、9月の連休に韓国の首都ソウルへ行った時の話の続きです。
1日目はこちら
2日目は、今回の旅でぜひ行ってみたかった町へ行ってみることにしました。
地下鉄を乗り継いで、
萌え
(ちなみにこれはソウル地下鉄の駅のデジタルサイネージです。その名もズバリ「萌え」なSRPGの宣伝広告なので、私のオタセンサーがキャッチしました^^)
辿り着いたのは
大林駅
大林駅。
で、いったいここに何があるかというと
中華街1

中華街3

中華街2
そう、大林洞チャイナタウン――ここは韓国のなかの中国です。
大林洞は、中国東北地方出身の朝鮮族の人たちが多く暮らす町ということで、飲食店も中国東北料理、とりわけ延辺料理のお店が軒を連ねています。
延吉飯店1

延吉飯店2
というわけで、私もそのうちの一軒の延辺料理のお店に入ってみることにしました。
大林洞チャイナタウン、日本の横浜中華街や韓国の仁川中華街とは違い、めっちゃローカルでディープな中華街でして(日本で例えるならば池袋の中華街?)、観光客といえば中国からの観光客の皆さんしかいません。私が入ったお店も、お客さんは地元の方々ばかり(汗
席に着くと、やはりそこは韓国のお店ということで、すぐに突き出しが運ばれてきました。
キャベツのキムチ
でも、そこはさすがチャイナタウンのお店、韓国食堂でおなじみのナムルとかではなく、中国らしく炒りピーナッツ。
それと、キムチがこれまたちょっと違うんです。韓国のキムチは白菜が主流ですが、延辺ではキャベツのキムチが主流なのです。
白菜のキムチも美味いですが、キャベツのキムチもキャベツの甘みと唐辛子の辛さが程好く調和して、これまた美味い!
でもって、今回のメインディッシュ(?)はこちら
延吉冷麺
延吉冷麺。その名の通り、中国は吉林省延吉の冷麺です。
平壌冷麺も咸興冷麺も美味いですが、延吉冷麺も噂にたがわぬ美味さです。
冷麺好きの方は、ぜひぜひ一度お試しあれ^^
さて、大林洞チャイナタウンで中国東北地方の味を堪能した後は、再び地下鉄に乗って弘大入口へ移動し、今回の旅の目的の一つであった戦争と女性の人権博物館を訪問見学しました。関心のある方は、ぜひこちらの拙ブログの記事をお読みください。
そうして、戦争と女性の人権博物館の見学を終えて弘大入口の街を後にする頃には、すっかり夕方に。
本当は中部市場へでも行きたかったのですが、伝統市場を訪れるには遅い時間になってしまったので断念し、1日中歩き疲れてヘトヘトということもあって、とりあえず一旦宿に戻りました。
宿へ戻ったからといって、そのまま寝てしまう私ではありません。まだ大切なことをやり残しています。そうです、いつものアレです(アレ言うな)。
というわけで
大学路の夜
若者の街、大学路。
ぼっち旅のオジサンは、ちょっと場違いかな(笑)
で、なぜ私がそんな若者の街を訪れたかというと
定番長壽マッコリ
はい、そうです。アルコール補給のためです^^
今宵ワタクシがアルコール補給に訪れたお店は、その名も「スンデ実録
というわけで……

ジャジャーン
スンデステーキ
「スンデ実録」名物の『スンデステーキ』でございます!
スンデは独特のクセがあって苦手(なんてったってブラッドソーセージですから)な人も少なくないかもしれませんが、「スンデ実録」の『スンデステーキ』はクセが全くなく(なので、スンデ好きの人はちょっと物足りなく感じるかも)、良質のハンバーグステーキのようです。
まあ、私があれこれ言うよりも「百聞は一食にしかず」ですから、ソウルへ行かれる方は、ぜひぜひ「スンデ実録」名物の『スンデステーキ』を、お試しあれ!

と、そんな感じでスンデステーキと長壽マッコリに胃も心も満たされ、ほろ酔い加減で地下鉄に揺られて宿へと帰るワタクシなのでした。
(3日目へ続く)
秋のソウルへ行った時の話 その1
2ヶ月前の話になりますが、GWに引き続き韓国の首都ソウルへ行ってきました。
アシアナ航空
で、今回の旅は、初っ端から私はなんとも初歩的なミスを犯しました。
というのも……
ワタクシ、ついうっかり韓国の重要な祭日である秋夕連休を旅行日程に選んでしまったのです。。orz
まあでも、いまさら日程変更できないので仕方がないし……ここはひとついつもとは違うソウルの街を楽しんでやろうじゃないですか(前向きマジック、ということで……
仁川空港
仁川空港からいつもの空港鉄道に乗って
空港鉄道
ソウル駅到着~~
ソウル駅
そうして、ソウル駅から会賢まで地下鉄に1駅乗って、定宿となりつつある南大門の宿に無事到着後少し休憩してから、さっそくすぐ近くの南大門市場へ繰り出したところ――

なんだ、いつもと変わらない賑わいの南大門市場じゃないですかーー
( ゚д゚)ポカーン
私の予想では、ヒトケのない閑散とした南大門市場なはずだったのですが……
まあでも、やはり秋夕連休ということで、路地裏の食堂とかはどこもお休みでしたね。
700両
しかし、そこはさすがに「商売の街」南大門市場、秋夕連休も営業中の頼もしい粉食店がありました。
てなわけで、さっそく軽く腹ごしらえ(*゚∀゚)
冷麺
こういう街の食堂のオーソドックスな冷麺も良いものです (*´∀`*)

冷麺を堪能した後は、腹ごなしにソウルの街をブラブラ。
地下鉄ソウル駅

水滸伝っぽい何か

街角アート

路地
そんな感じでブラブラしてるうちに日も暮れて、お腹もいい感じに空いてきたので、
秋夕連休でも明洞あたりならまあ大丈夫だろう、と思い
ネリムソン参鶏湯
この日の夕食は、明洞のネリムソン参鶏湯で、参鶏湯をいただきます!
至福の1杯
まずは至福の一杯(*゚∀゚)

そして、お待ちかねの参鶏湯(*゚∀゚)
栄養参鶏湯
う~ん、やっぱり本場で食べる参鶏湯は美味い(*´∀`*)
韓方(漢方)生薬であるシナモンがほどよく効いた、なんとも滋養に満ちた味わいです。おかげで残暑バテの身体も、そして心もすっかり回復しました。
ソウルの夜
と、こんな感じで秋夕連休の心配も杞憂だった、秋のソウルの旅1日目なのでした。

(2日目につづく)
GWにソウルを旅してきた話。参日目
随分と引っ張ってしまいましたが、GWに韓国の首都ソウルを旅してきた話、いよいよ最終回です。(壱日目はこちら。)
明洞①
さて、3日目最終日は昼過ぎには空港へ向かわなければならないので、午前中は宿の周辺である南大門~明洞界隈をぶらり。
この日は祝日(こどもの日)の朝ということもあってか、普段の賑わいが嘘のように静かな、そんな朝の明洞です。
明洞②
それはさておき、なによりもまずは腹ごしらえということで(w、この日朝食は
韓国式トースト
韓国の朝の定番、トースト(토스트)!
トーストといっても、日本の喫茶店のモーニングサービスとかでおなじみのものではなく、野菜オムレツのホットサンドな、韓国式トーストです。
ぢつはワタクシ、以前から現地でこのトーストを朝に食べたかったのですが、なかなかその機会がなかってものでして……
今回やっと念願が叶いましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

で、ホントはトーストと一緒に韓国の国民的ドリンクである(私が勝手に決めました)バナナウユ(バナナ牛乳)を飲みたかったのですが、残念ながらトースト屋さんになかったので、これまた韓国の国民的ドリンクである(私が勝手に決めました)チルソン(七星)サイダーをチョイス。
チルソンサイダー
チルソンサイダー最高!

でもやっぱりバナナウユを飲まなきゃこの旅は終われないっ!
KORAIL
てなわけで、ソウル駅の都心空港ターミナルで事前搭乗手続をしてから(これ、仁川空港では搭乗手続のために並ばずに専用出国通路を利用できるのでめっちゃ便利です。くわしくはコチラ)、ソウル駅前で旅の〆にバナナウユ。
旅の〆にバナナウユ
ちなみに、ワタクシはバナナウユ大好きっ子なので、空港の免税店で土産仕様のブリックパックのバナナウユをしっかりと買いましたw
土産仕様バナナウユ
とまあ、こんな感じであっという間の3日間でしたが(この雑文は3ヶ月も引っ張ってしまいましたがw)、やっぱりまだまだ行き足りないぞ、ソウル!

というわけで、また来月ソウルへ行く予定のワタクシなのであります。
行くぜ、ソウル=゚ω゚)=3

GWにソウルを旅してきた話。弐日目後編
GWにソウルを旅してきた話。弐日目の続きです。
宿に戻ってひと休みしたら、イイ感じに腹が減ってきました (´Д`)
てなわけで、この日の昼食は以前からずっと訪れたかったお店へ。
そのお店とは――
五壮洞咸興冷麺
言わずと知れた咸興冷麺の名店、五壮洞咸興冷麺です。
フェネンミョン
念願の、フェネンミョン(刺身冷麺)を食べたぞ! (*´Д`)
麺が美味しいのはもちろんですが、エイの刺身がコリコリとした食感でこれまたたまりません!
味は見た目通り辛いですが、でも一緒に飲むユクス(牛肉の出汁スープ)の優しい味が辛さをほどよく和らげてくれます。
五壮洞咸興冷麺のフェネンミョン、噂以上の美味しさでした。

さて、激ウマ冷麺に満足した後は、私の大好きな伝統市場である中部市場でお買い物。
中部市場1

中部市場2

中部市場3

いやぁ、伝統市場って本当にいいもんですね~

この中部市場、近年すっかり綺麗に改装されて情緒が失われてしまったという人もいますが、でも人情は失われていませんよ^^
ちなみに中部市場では、肉厚で香りの良い乾燥椎茸と、酒の肴として最高なのしいかを買いました。
中部市場は韓国最大規模の乾物市場として有名ですが、乾物なら日本にも持って帰りやすいので土産として最適です。

で、この後は地下鉄で明洞へ戻り、ロッテデパートのデパ地下でキムチを買ったり、明洞周辺の街をブラブラしてたのですが……
友利銀行
朝から歩きすぎたせいか(というよりも齢のせいか)、脚に激痛が(;´Д`)
てなわけで、近くの薬局に駆け込み漢方湿布(ハンバンパスといいます)をゲット。
ハンバンパス
これがまたメチャメチャ効くんですよ。
いやホント、貼って30分もしたらさっきまでの痛みが嘘のように引きました。
ソウルの街を歩き疲れて身体が痛くなった時はハンバンパス、オススメです(薬局の回し者かワシは

さてさて、ハンバンパスのおかげですっかりライフポイント回復したので、そろそろアルコール補給を、ということで……
いざ、広蔵市場へGO!
広蔵市場
この日は祝日の前日の夜だからでしょうか、屋台は激混み(;´Д`)
なので、迷わず私の大好きなパクガネピンデトッへ。
長壽マッコリ

ピンデトッとスンデをアテに飲む長壽マッコリはやっぱ最高ッス! (*´Д`)

沖縄へ行ったらオリオンビールを飲まなきゃダメなのと同じく、ソウルへ行ったらソウル長壽マッコリを飲まなきゃダメですね。

おしゃかさま
と、こんな感じで私のソウル2日目の夜はやはり酒にまみれて幕を閉じるのでした。
ええ、私の旅に酒は不可欠です(キリッ

てなわけで(強引、GWにソウルを旅してきた話。最終日に続きます~