とあるヘタレ絵描きヲタのチラ裏雑記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトルバスターズ!のテーマについて、思うこと。
リトバスのテーマは「友情」であるとよく言われます。
たしかにそれもあるのでしょうけど、でも個人的には、リトバスのテーマは「解放」だと思うのです。
小毬シナリオにしても、葉留佳奈シナリオにしても、そして、クドシナリオにしても。

この「解放」というテーマをクドシナリオについて云えば、それはクドが自分自身を縛り付けていた呪縛からの「解放」。

ここで、クドを縛り付けていたのは母親の言葉や想いであるとも考えられますが、しかしそのような外からの力ではなく、それはクド自身の内にあるものなのだと思います。

また、クドシナリオを素直に読めば(アニメのクド話を視れば)、クドを解放したのはリトバスメンバーのクドへの想いという「力」であるとも考えられますけど、やはり佳奈多を解放したのは佳奈多自身の葉留佳を想う「ことば」であったのと同じく、クドの呪縛を解いたのはクド自身ではないかと。

もちろん、解放を渇望するクドの強い意志を支えたのはリトバスメンバーの存在なのでしょうけど。

他の個別シナリオやリフレインに関しても、「解放」を鍵にいろいろ考えてみたいですが、それはいずれまたの機会に。
スポンサーサイト
BGM:雪のように白く
雪のように白く

今回は懐かしい作品ですがONE~輝く季節へ~より、里村茜ちゃんを描いてみました。

なにをかくそうワタクシ、ONEではキャラ的にもシナリオ的にも茜ちゃんがいちばん好きだったりします。
茜シナリオが好き過ぎて、ドラマCDまで買っちゃったくらい、茜ちゃんが好きです。

ふむむ、茜ちゃんを描いたらなんだか蜂蜜練乳がけワッフルが食べたくなってきたでござる(*´ω`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。