とあるヘタレ絵描きヲタのチラ裏雑記。
裸ワイシャツは漢の夢と浪漫。
今月はCLANNADの杏ちゃんの誕生月だった(誕生日に間に合わせる甲斐性が無くてゴメンナサイ)というわけで、
CLANNADの杏ちゃんを描いてみました。
杏ちゃん@裸ワイシャツ
杏ちゃんといえば杏アニのおかげですっかりぶるまぁが定番ではありますが…
裸ワイシャツは、漢の夢と浪漫ということで(^ ^;)
スポンサーサイト
正しいおっぱいとは、何か?おっぱいが「正しい」とは、どういうことか?
どうやらネット界隈で、「二次元萌え系美少女のおっぱいは偽物だ、日本の萌え漫画家は本物のおっぱいを知らない」云々といったツイートが物議を醸しているようです。
(参照:「いかに日本の萌え漫画家がモノホンのおっぱい知らないかがようわかるのうw」http://togetter.com/li/567779)

日本の萌え漫画家が本物のおっぱいを知らないかどうかはさておき、果たしていわゆる「萌え絵」が、実際の人体構造に忠実でないことがそんなに間違ったことであるのか(つまるところ、それはリアリズムと非リアリズムの対立に帰着する気もしないではないですが)、私なりに少々考えてみたいと思います。

まず、「二次元萌え系美少女のおっぱいがオカシイ、ヘンだ」ということの裏返しとして、「“実物”こそ正しい、“自然の造型”こそ正しい」という認識があると考えられます。ここで、問題となる萌え絵に対する非難は単に人体構造的におかしいといっているものにすぎないとも考えられますが、やはり「萌え絵」という視覚的に楽しむものに対する非難である以上、「正しい=美しい」という意味を前提として考えていきたいと思います。

そうだとして、たしかに世の中には「自然美」という観念があります。私自身、美学に関しては全くの不勉強の門外漢ですが、「実物こそ美しい、自然の造型こそ美しい」という認識はおそらく自然美的価値に基づくものなのでしょう。
しかし、そもそも美の対象である自然は、美しく観られるためにその姿をしているのでしょうか。逆に、「ブサイク」な姿をしているといわれる生物は、人間に「ブサイク」だと言われるためにその姿をしているのでしょうか。もちろん、そうではなく、その姿が最もその生物の生活する環境に合ったものだからなのでしょう。
つまり、「自然の造型こそ美しい」という命題は、人間の持つ「美」という観念があってはじめて成り立つものであって、人間の存在以前に成り立つものではないといえるのではないでしょうか。別の言い方をすれば、「美」は人間に起源を持つものであって、美の対象そのものに起源を持つものではないといえるのではないかと。
そうであるとすれば、「美」という意味での「正しさ」は、「実物」に束縛される「正しさ」ではなく、それは観念的な、あまりにも観念的なものであって、あらゆる直感や理想や願望などを一旦抽象化し純化して、それをさらに具現化することも自由にできる、自由精神的な「正しさ」であると私は考えます。

ゆえに、「二次元萌え系美少女のおっぱい」がたとえ実物のおっぱいとは異なるものであったとしても、それは人間の直感や理想や願望など(とはいっても特定のカテゴリーの人々の直感や理想や願望などなのでしょうが。そして、なにを隠そう、私もその人々のうちの1人ではありますが…)を具現化したものであり、「美」(眉を顰められる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは「萌え」を美の文脈で語ることをお許しください)という意味の「正しさ」においては、決して間違ったことではないのです。
すなわち、「おっぱい」の美しさ(=正しさ)は実物のおっぱいからは独立して存在する観念であり、したがって「二次元萌え系美少女のおっぱい」の美しさ(=正しさ)も実物のおっぱいからは独立して評価することができるのです。

もっとも、初めに書きましたように、つまるところリアリズムと非リアリズムの対立に帰着するとしてしまえば、あまり議論する実益のある話ではないのかもしれませんが…。
「エロ」は悪ではない。しかし、「エロ」は背徳である。
タブーが完全に取り払われたとき、はたしてエロティシズムが生きのびられるものかどうか、わたしには全く確信がないからである。(澁澤龍彦「エロティシズム」中公文庫)

私自身の考えも、「エロ」は絶対悪ではないが、しかし“市民権”を認めてもらいたいとは決して思わない、というものです。

たしかに、自分の嗜好を世に認められたいという気持ちも分からなくはありません。
しかし、ことに「エロ」に関しては、“道徳”の支配する空間において価値を認められてしまうや否や、たちまちそれは道徳に飲み込まれ、自らの存在意義を喪失してしまうのではないでしょうか。
それゆえ、「エロ」が「エロ」であるためには、決して「エロ」を支配的な価値観の下に置いてはならないと思うのです。強く眩しい陽射しの下では、「エロ」は花を咲かせることなく枯れてしまうのです。
すなわち、「エロティシズムは悪ではない。しかし、エロティシズムは背徳である。」。

かく考えることに対しては、反道徳的であれば悪なのではないか、との批判もありましょう。
しかし、エロティシズムが背徳であるとは、悪であるという意味ではなく、エロティシズムは人間が作り出したにすぎない“道徳”などというものを超越するものである、といってよいかもしれません。
そして、人間が作り出したにすぎないものを超越するものであるからこそ、エロティシズムはまさに「生」であるといえるのかもしれません。

最後にひとつ。
「私は、エロティックな表現に“市民権”を認めてもらいたいとは決して思わないのです。ただ、エロティックな表現を享受する密かな楽しみを妨げられたくないだけなのです。」