とあるヘタレ絵描きヲタのチラ裏雑記。
嫌萌論序説
はじめにお断りしておきますが、私はいわゆる「萌え絵」が嫌いではありません。むしろ、大好きです。

しかし、世の中には萌え絵を忌み嫌う人々が少なからず存在します。彼(彼女)らにどうして萌え絵を忌み嫌うのか?と問えば、彼らはおそらく「萌え絵は気持ち悪いから」と答えるでしょう。では、なぜ「萌え絵は気持ち悪い」のか?と問えば、もしかすると彼らは「気持ち悪いオタクが好むから」と答えるかもしれません。さらに、なぜ「オタクが気持ち悪いのか」と問えば、彼らは「オタクはアニメとかゲームとかの萌えキャラが好きだから」……と、無限ループ的な問答に陥ってしまうでしょう。

つまるところ、彼らが萌え絵を「気持ち悪い」と忌み嫌う理由は、「萌え絵」は世間一般の常識として「気持ち悪い」から、なのかもしれません。

「排泄物はその悪臭のために私たちの胸をむかつかせるのだ、と私たちは考える。しかし、排泄物がもともと私たちの嫌悪の対象となっていなかったら、果たしてそれは悪臭を放っていたろうか。」(ジョルジュ・バタイユ『エロティシズム』澁澤龍彦訳)

「萌え絵は気持ち悪い」というのが「世間一般の常識」である以上、萌え絵を好む気持ち悪いオタクである私が、萌え絵を忌み嫌う彼らに対して「萌え絵は気持ち悪くない!」と抗議したところで、徒労に終わるだけです。そこで私は、なぜ彼らが萌え絵を「気持ち悪い」と忌み嫌うのか、その本心について私なりに考えてみることにします。

まず、いわゆる「エロい萌え絵」については、それが「常識ある」人々に忌み嫌われるのは、なによりもまず「エロい」からだといえます。したがって、「エロい萌え絵」を忌み嫌う人々の本心を考えるにあたっては、エロがなぜ悪いとされるのかを考えるのがよいと思います。

問題なのは、いわゆる「エロくない萌え絵」についてです。

「エロくない萌え絵」について、それが「気持ち悪い」は性を売り物にしているからだ、と至極正論のようにも思われる理由を挙げる人も多いでしょう。しかし、それは萌え絵を気持ち悪いと忌み嫌うことを正当化する理由であって、萌え絵を気持ち悪いと忌み嫌う根本的な理由ではないと思うのです。

世間一般の常識として、アニメや漫画は幼稚なものであるとされています(それはおそらく、アニメや漫画は直観的なものであって、高度な思惟作用を必要としないゆえに低俗である、といった固定観念によるものであると思われます。)。そのような幼稚なコンテンツで多用される萌え絵が幼稚なものであることは、言うまでもないでしょう。ここで「幼稚」とは、「幼い」というよりもむしろ「劣っている」という意味なのだと思います。

つまり、萌え絵を忌み嫌う彼らは、「幼稚なコンテンツを好まない人間は、幼稚なコンテンツを好む人間と比べて優れた人間である」と考えているのではないでしょうか。そして、幼稚なコンテンツを「気持ち悪い」と忌み嫌い、そのようなものを好む人間を「気持ち悪い」と蔑視することは、自らが優れた人間であることを表明するものである、と考えているのではないでしょうか。

結局のところ、「常識ある」人々が萌え絵を忌み嫌う根本的な理由は、「存在の不安」なのかもしれません。つまり、「劣っている」とされるものを蔑視することで、自らが優れた存在であることを確かめたいのかもしれません。自らが優れた存在であることを確かめること、それは自らの存在の意味を確かめることにほかなりません。しかし、果たしてそれが本物の自らの存在の意味であることを、いったい誰が保証してくれるというのでしょうか。
スポンサーサイト
ぢつにケシカラン(もちろん良い意味で)
かなたん
10月13日はリトルバスターズ!の鬼の風紀委員こと二木佳奈多さんの聖誕日だっわけですが(汗
……ってなわけで遅ればせながら、はぴばすでーかなたん!

んでもって、「はいてない」疑惑のある(妄想)、ぢつにケシカラン(もちろん良い意味で)風紀委員の二木佳奈多さんですが、ぢつは「はいてない」だけでなく「つけてない」疑惑も……(激しく妄想 (*´Д`) ( ゚∀゚)o彡゚かなたん!かなたん!

ところで、明日12月24日は古河渚ちゃんの聖誕日なわけですが……
2か月遅れでかなたんはぴば言ってる、こんなていたらくでありますゆえ('A`)