とあるヘタレ絵描きヲタのチラ裏雑記。
GWにソウルを旅してきた話。弐日目後編
GWにソウルを旅してきた話。弐日目の続きです。
宿に戻ってひと休みしたら、イイ感じに腹が減ってきました (´Д`)
てなわけで、この日の昼食は以前からずっと訪れたかったお店へ。
そのお店とは――
五壮洞咸興冷麺
言わずと知れた咸興冷麺の名店、五壮洞咸興冷麺です。
フェネンミョン
念願の、フェネンミョン(刺身冷麺)を食べたぞ! (*´Д`)
麺が美味しいのはもちろんですが、エイの刺身がコリコリとした食感でこれまたたまりません!
味は見た目通り辛いですが、でも一緒に飲むユクス(牛肉の出汁スープ)の優しい味が辛さをほどよく和らげてくれます。
五壮洞咸興冷麺のフェネンミョン、噂以上の美味しさでした。

さて、激ウマ冷麺に満足した後は、私の大好きな伝統市場である中部市場でお買い物。
中部市場1

中部市場2

中部市場3

いやぁ、伝統市場って本当にいいもんですね~

この中部市場、近年すっかり綺麗に改装されて情緒が失われてしまったという人もいますが、でも人情は失われていませんよ^^
ちなみに中部市場では、肉厚で香りの良い乾燥椎茸と、酒の肴として最高なのしいかを買いました。
中部市場は韓国最大規模の乾物市場として有名ですが、乾物なら日本にも持って帰りやすいので土産として最適です。

で、この後は地下鉄で明洞へ戻り、ロッテデパートのデパ地下でキムチを買ったり、明洞周辺の街をブラブラしてたのですが……
友利銀行
朝から歩きすぎたせいか(というよりも齢のせいか)、脚に激痛が(;´Д`)
てなわけで、近くの薬局に駆け込み漢方湿布(ハンバンパスといいます)をゲット。
ハンバンパス
これがまたメチャメチャ効くんですよ。
いやホント、貼って30分もしたらさっきまでの痛みが嘘のように引きました。
ソウルの街を歩き疲れて身体が痛くなった時はハンバンパス、オススメです(薬局の回し者かワシは

さてさて、ハンバンパスのおかげですっかりライフポイント回復したので、そろそろアルコール補給を、ということで……
いざ、広蔵市場へGO!
広蔵市場
この日は祝日の前日の夜だからでしょうか、屋台は激混み(;´Д`)
なので、迷わず私の大好きなパクガネピンデトッへ。
長壽マッコリ

ピンデトッとスンデをアテに飲む長壽マッコリはやっぱ最高ッス! (*´Д`)

沖縄へ行ったらオリオンビールを飲まなきゃダメなのと同じく、ソウルへ行ったらソウル長壽マッコリを飲まなきゃダメですね。

おしゃかさま
と、こんな感じで私のソウル2日目の夜はやはり酒にまみれて幕を閉じるのでした。
ええ、私の旅に酒は不可欠です(キリッ

てなわけで(強引、GWにソウルを旅してきた話。最終日に続きます~



スポンサーサイト
GWにソウルを旅してきた話。弐日目前編
GWに韓国の首都ソウルを旅してきた話の続きです。
1日目はこちら
南大門
ソウル2日目は、前の日の晩の暴風雨とはうって変わって快晴でした。ただ、風だけはめっちゃ強かったですが。
そんな爽やかな朝の空を眺めながら散歩してたら、イイ感じに腹が減ってきたぞ(;´Д`)というわけで、朝食は何を食べようか迷いましたが、宿が市庁に近いということで、この本を読んで以前から行ってみたかった市庁のお粥屋さん、『小公粥家』へ。
小公粥家
お粥というと、日本では病気の時に食べるイメージがありますが、韓国のお粥は香港のお粥と同様、朝食の定番メニューなのです。
で、私が食べたのは、こちらのお店の名物であるウニのお粥です。
雲丹粥

甘く濃厚な味わいのウニがたっぷり入ってて、美味い!(*´д`*)

朝からこんな贅沢してしまって良いのでしょうか(笑

さて、腹ごしらえした後は、今回の旅の目的の一つである、西大門刑務所歴史館訪問を果たし、
西大門刑務所
それから西大門界隈をぶらり。
独立門

青バス隊
すると、大韓伝統市場マニアにはたまらないディープな伝統市場を発見!
霊泉市場
霊泉市場、雰囲気も抜群だけど名前もイイ!
今回は先を急いでましたのであまりゆっくりは散策しませんでしたが、いずれまたじっくり散策したい伝統市場でした。
タヨがいタヨ
で、その後は西大門駅近くのハナロクラブ(農協スーパー)で蜂蜜や塩や酒を買い込みましたが……買い過ぎて荷物が重くなってしまったので、とりあえず一旦宿に戻ることにしました。

(後編へ続きます)