とあるヘタレ絵描きヲタのチラ裏雑記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの花の名前を彼女はもう知っている。
来ヶ谷唯湖曰く、
「嗚呼、この可愛い小さな花の名前を、可愛い小毬君に連呼させたい……。」
ふぐり
小毬:「おっけー。もちろん知ってますよー。この花の名前は、おおいぬのふぐり。」
唯湖:「もういちど」
小毬:「おおいぬのふぐり」
唯湖:「では小毬くん、『ふぐり』とはどういう意味か知っているかい?」
小毬:「ふえ?うーん。辞書で調べてみるよ。」
ぱらぱらぱら
唯湖:ニヤソ
小毬:「ふええぇぇぇぇ~~ん//////////」
唯湖:うっとり(恍惚

……。
春は意外とすぐそこまで来てるかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。