FC2ブログ
とあるヘタレ絵描きヲタのチラ裏雑記。
鍵っ子にとっての、ねこねこソフト。
最近はどうか分かりませんが、昔の鍵っ子(特にかのえあ世代)には、ねこねこソフト作品が好きな人が少なくはなかったような気がします。
ねこねこソフトの代表である片岡ともさんが元々おねえあかの同人出身だ、というのもあるでしょうが、ねこねこソフト作品の作風がKey作品に通じるものがある、というのも大きいのではないでしょうか。

片岡ともさんは、麻枝さんとは異なるアプローチで「永遠」を追究(追求)し、「永遠」について麻枝さんと同じ答えに辿り着いた作家さんではあるまいか、と私は思ったりしています。
そんなわけで、ねこねこソフト作品に触れたことのない鍵っ子さんには、ぜひとも私にとっての心の作品である「ラムネ」をオススメしたいです。

もっとも、リトルバスターズ!からの鍵っ子さんには、途中までちょっと退屈に感じられるかもしれませんが……。
まあでも、そんな日常パートがちょっと退屈なのも、かのえあ時代のKey作品に通じる味ではないかと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック